就職に有利な工業高校卒で地元大企業に就職|狙い通りの人生設計

工業高校卒で地元大企業に就職。

これはある意味自分の人生設計そのままの狙い通りでした。

地元公立中学→工業高校→就職→結婚

というのはある意味において黄金ルートでしたし、両親から期待されているルートでもあると思います。

結局、そのあと結婚失敗からの転職をしてしまうわけですが….。

そのあたりはまた別の機会に。

今回は自分がいかにして中学→工業高校→地元大企業に進んだのか、中学の頃からイメージしていた考え方と努力について書いていきます。

  • 中学生の段階で考えること
  • 工業高校で考えるべきこと
  • 就職時のポイント

工業高校を目指した理由と中学時代

工業高校を目指した理由はなんといっても、「大学に行く気がなかったから」これにつきます。

大学に行くならば、進学校を目指すべきですしね。しかし、工業系の大学に進むならば工業高校を目指すのもいいでしょう。こちらについてはまた時間のある時に詳しく調べますが、こちらの大学のように工業高校(専門校)特別選抜枠があるということです。

さて、本題の中学時代の話です。

中学の頃から両親には「ウチにはお金ないからね」「家計は火の車」と聞かされて育ちました。

また、自分自身特に勉強をしなくても学年のテスト順位は真ん中以上をキープできていたのもあり「家のためには早く就職して負担減らさないとな」と考えていました。

ぶっちゃけ、「できる子」アピールして喜んでもらいたかった部分が大きいでしょうね。親の引いたレールに乗って、望まれるような人生を歩むのが正解だと。

そんな意識もありつつ、いよいよ3年生となったときに進路相談です。工業高校は地元に二つ選択肢がありました。

ひとつは、今の学力だと上位で合格できるだろうS工業高校。こちらは1年生のときは同じ科で2年で専攻科を分けるシステムでした。

また、修学旅行が海外というのも少し魅力的でしたね(笑)

もうひとつは、今の学力でギリギリ推薦受けられるかどうか。一般入試でも余裕はそんなにないH工業高校です。

H工業高校は過去に大企業へ就職した先輩もたくさんいてコネクションがあるので就職に有利だろうことは予測されました。

ここで確実性をとってS工業へいくか、就職有利をとってH工業へいくか。

ちょうど時代は就職氷河期と呼ばれる時期で、少しでも就職有利を撮っておきたかった私は、H工業高校受験を決意。

ギリギリの推薦は受けずに一般入試を受けることにしました。

一般入試~入学まで

一般入試には、地元の友達と一緒に行きました。その子は自分よりちょっとテスト順位が下だったので不安でした….。

そして合格発表当日。

別々に行って正解でした。受験番号を見つけて大喜びしたあと、体育館の外に出ると一緒に受験した地元の友達がいたのですが、こちらには寄ってきません。

「落ちたのかな…」

と察して入学手続きを聞きに職員室へ寄り、帰宅しました。後で聞くと、やはり落ちていたようです。

入学してからの成績は科内では上位をキープ。

順調に大企業就職への階段を上っていきます。

工業高校から大企業への就職を目指して気を付けたこと

最終的に地元では大企業と呼ばれる東証一部上場企業へ就職できた私が気を付けたポイントを紹介します。

科内での成績上位をキープできるようにする

工業高校では基本的に、就職先の取り合いは科内でしか発生しません。成績順位も同科内だけですね。共通の学科もありますけど、それぞれ特化の学科があるので成績を比較しようがないという部分です。

就職の企業シートも科指定で来ている雰囲気です。

あ、そういえば一つの企業で

  • 〇〇科  1名
  • 〇〇科  2名
  • 〇〇科  1名

とかこんな企業シートもありました。こういうシステムなので、学校全体よりも科内でいかに上位キープできるかが重要ですね。

私の場合は就職コースのメンバー内では1~3位くらいをうろうろしていたくらいです。

部活には入っておく

あくまでもプラス要素でしかないと思いますが、部活には入っておいたほうがいいでしょう。

学力ではだめでも、企業によってはスポーツ推薦的な枠があります。もちろん、大々的に募集はしていないと思いますが。

あとは単純に面接でよく聞かれる話題だからですね。直接合否に関係するレベルではないでしょうが、ギリギリの合否を分けるのはそのあたりかもしれません。

工業高校ならでは!資格をたくさん取っておく

工業高校ならではですが、専門の資格はたくさん取っておくに越したことはないですね。資格があるだけで、仕事がある部署もありますし。

電気工事士、ボイラー技士、初級シスアドなどですかね。主に国家資格と呼ばれるものです。

私の科は「危険物取扱者 乙種第四類」を必須で取るように指導されていました。後はボイラー技士2級ですね。こちらは努力目標でしたが…。

ちなみに私は危険物取扱者乙種は全類取得しています。

一つ取得したら、試験項目がたった一種目になるんですよ。なので最初の一つがめっちゃ重要なんですよね。

工業高校から大企業を目指す!

最終章です。さて、実際に就職となればまずは枠を獲得しないといけません。

そのためには就職コース内でも上位を取っておく必要があります。

私は高校2年生の時点から就職を見越して動いてきました。

  • テスト一週間前は部活に行かない
  • テスト勉強がっつりやる
  • テストの傾向をつかむ(担当教師の傾向をつかむ)

これらを徹底していました。2年生の夏からやっていたので、3年の夏ごろには集中力が失速していましたけど(笑)

テスト一週間前は部活にいかない

これは単純に勉強時間の確保のためです。普段はちゃんと練習に出ていたので特に何にも言われませんでしたね。そもそも補欠選手でしたし。

運動で疲れた状態で勉強なんてできるわけもないですし…。

その代わり、休んだ分しっかりと成績上位はキープしていました。休んでるのに成績がいまいちだったら説得力ないですからね。

テスト勉強をがっつりやる

私は自慢ではないですけど集中力はあるほうだと思っています。

なので家に帰ってからはテスト範囲のノートをひたすら暗記して、書いて覚える方式で頑張っていました。

テストの傾向をつかむ

これは上位を取るために必須の技能でしょう。先生によっては文章題が多かったり、空欄埋めが多かったりするし。

空欄埋めについても、だいたいこの語句を隠すんじゃないかな?とか考えながら対策していた。

よくある、赤透明の下敷きで消すやつね(笑)

テストの傾向と先生の傾向をつかんで対策することで割と高得点取れてました。

科内上位を獲得して、企業シート獲得競争に勝つ!

  • テスト一週間前は部活に行かない
  • テスト勉強がっつりやる
  • テストの傾向をつかむ(担当教師の傾向をつかむ)

この対策により科内上位をキープし、企業の募集シートを選ぶ権利上位になった結果地元大企業への応募権も獲得できました。

あとはテスト対策と面接対策ですね。

面接対策は特に変わったことしてません。(当時はネットもそんなにだったので知識ゼロ)

進路指導の先生と担任の疑似面接対策をしていたくらいですかね。

入社テストに関しては当時、SPIというテストが出てきだしたくらいの時期だったのでその問題集を購入して対策していました。

他には学校から試験対策用の模擬試験なども。

これらの努力をして、目指す地元大企業への就職が叶いました!

中学から工業高校→大企業へ就職まとめ

ここまで長々と書いてきましたが、ポイントをまとめます。

  1. 高校選択の時点から就職を見据えて選ぶ
  2. 高校では二年生くらいから本気で対策
  3. 部活はそこそこ頑張る
  4. 科内での順位を上位キープして企業選択権を獲得する

こんなところでしょうか。大学を目指す人も考え方はあんまり変わらないかもしれません。

工業高校からの就職は、他から比べて有利なのか?という部分に関しては別記事にてまとめたいと思います。

自分は有利だと思っていますけどね。

この記事を見ているのが工業高校→就職を目指している方ならば、見事就職できることを期待しています!